己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

もしもピアノが弾けたなら

 雑誌『ダ・ヴィンチ』4月号に『のだめカンタービレ』の特集が掲載されています。

 某師匠のサイトの掲示板にお薦めの漫画として紹介した『のだめカンタービレ』、そう言えばこっちでは掲示板でも触れてなかった気がします。クラシック音楽をネタにしたギャグ漫画です。ギャグなんだけど、ヒロイン野田恵(通称のだめ)や千秋の成長もしっかりと描かれていて、いい感じです。ギャグのセンスも素晴らしい。クラシックをここまで笑い倒した漫画なんて見たことありません。

 で、『ダ・ヴィンチ』の特集、ざっと眺めた程度ですが、何と、この強烈なキャラの「のだめ」、モデルがいるらしいんですわ。証拠(?)写真も載ってます。第1巻の衝撃の見開きシーン、「ごみの山の中ジャージ姿でピアノを奏でるのだめ」の、そのまんまの写真。ジャージ姿かどうかまでは確認できませんが、何と言うか……凄い光景です。かなり取材をして描きこんでいるという話は聞いていました。コミックの作者コメントが載っている欄にもしばしば「リアルのだめ」という単語が出てくることにも気づいていました。しかしまさか……ここまでリアルだとは。

 余談ですが、記事中で「リアル千秋」として紹介されている指揮者の金聖響さん、実は私、大学時代に彼の指揮で演奏したことがあります。「リアル千秋」かあ、言われてみればそうかもしれないけど、もうちょっと柔らかくていい人ですよ。別に千秋が悪い奴だと言うつもりはありませんが。聖響さん、指揮者としてもとても素晴らしくて、オケの中で演奏しながら自分で感動しそうになってしまいました。

 私もはまっている『のだめ』、気になるという方はこの特集をご覧になってはいかがでしょうか……と思ったら5月号の発売が4月6日になってる!? ということで気になる方は……図書館へゴー?

関連記事
スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/99-5dd4fc4c


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック