己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

オペラ「夕鶴」(新演出)

歌劇(オペラ)という楽曲形式はイタリアで成立したとされています。そのため、多くのオペラ作品はイタリア語で書かれています。その後、フランス語やドイツ語のオペラも作られるようになり、更には「国民楽派」の隆盛と共にロシア語やチェコ語といった様々な言語のオペラが生まれました。

日本でも明治維新後の西洋文明の流入に伴って西洋音楽も次々取り入れられ、オペラの上演も行われるようになりました。20世紀初頭には日本人によるオペラの作曲と上演が行われていたそうです。

オペラを楽しむ文化が、お世辞にも一般的とは言いがたい日本で頻繁に上演されるのはモーツァルト、ヴェルディ、プッチーニといった西洋の古典作品で、日本語オペラのレパートリーは片手の指でも収まるほどしかありません。

数少ない作品の中でおそらく最も上演頻度が高い團伊玖磨の「夕鶴」、その新演出が上演されるということで、去る18日、上野の東京文化会館に観に行ってきました。

夕鶴

出演者は以下の通り。

 つう(ソプラノ):佐藤しのぶ
 与ひょう(テノール):倉石真
 運ず(バリトン):原田圭
 惣ど(バス):高橋啓三

 指揮:現田茂夫
 東京フィルハーモニー《夕鶴》特別オーケストラ
 杉並児童合唱団


舞台は斜面になっていて、中央が円形に切られています。最初は斜面に沿っていますが、劇の進行に伴って回転し、高低差が生まれる仕組み。

舞台奥には雪景色が照明で映し出され、2枚の大きなパネルが舞台奥に向かって3組、舞台の左右から時折せり出してきてこれを補います。

比較的シンプルな造りですが、「夕鶴」の舞台である「どこともしれない雪の中の村」の光景を鮮やかに再現していました。

まず、小学生のような感想ではありますが、佐藤しのぶが素晴らしかった。

ヒロイン・つうの、与ひょうを包み込む母性と、一方で「与ひょうが自分の知らない世界に行ってしまう」「ずっと二人で静かに暮らそう」と泣き叫ぶ独占欲を変幻自在に歌いきっていました。

素朴な白い衣装を纏い、おそらく演出を担当している市川右近による振り付けで動き回るその姿は、まさに鶴のようでもあり、純朴な少女のようでもあり。

与ひょう役の倉石真も、純粋であるが故の素直な欲望を巧みに表現していましたし、他の2人も立ち位置としては悪役ながら、どこか憎めない存在感を出していました。


べた褒めですね。
いや、本当に素晴らしい公演だったんですよ。できることならまた観に行きたいくらいです。

18日に東京、26日に栃木、そしてこの後は4月まで各地で公演が行われる模様。お近くで公演があって、チケットが入手できるようなら、ぜひ観に行くことをおすすめします。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オペラ
ジャンル : 音楽

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/987-31267fcd


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック