己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

【FF14】「ブレイフロクスの野営地」クリア、他

前回の記事から程なく迅速魔を習得したので、いざ「ブレイフロクスの野営地」に再チャレンジ!

……と意気込んで行ったものの、今回は実にあっさりとクリアできてしまいました。

盾役の戦士さんがそれはもう素晴らしい安定ぶりで、こちらにタゲが跳ねてもすぐさま取り返してくれ、ボス戦まで含めてPTメンバーに危険が及ぶことはほとんどありませんでした。道中では盾さん以外の回復はほとんどせずに済みました。たまにボスが無差別爆撃する毒を治した程度。

というか、こういう状況で全滅しようものなら完全に私の責任なわけで、逆に緊張しますね。

アタッカーの召喚士さんも暇だったのか心配性だったのかわかりませんが、大してHPが減っていない私にちょいちょいフィジクを飛ばしてきたくらいです。

覚えた迅速魔を使って緊急レイズのマクロを組んでみたので、動作確認したいから誰か死んでくれないかなあと密かに思っていたのですが、そんなこともなく。

そんなわけで、ついにタイタン討伐が開放されました。


一方、Garuda鯖のHugh君ですが、こちらもCFでIDをカッパーベルまで進めました。

アタッカー枠の巴術士での参加は初めてだったのでサスタシャではちょっと緊張しましたが、序盤ということもあってヒーラーに比べると気が楽かな。

カッパーベルでは最初の中ボスでまさかの全滅。戦闘中にふと見ると盾さんのHPが危険域に! 取りあえずはフィジクで支えましたが、その後ちょっとしてまた同じような状態に。今度は間に合わずに盾さんがお亡くなり。慌てていたので確認できなかったのですが、もしかしたら既にヒーラーさんが死に戻りしてたのかな?

再戦以降はそう危なげなくクリアできました。時々、回復を忘れられているランサーさんにフィジクを飛ばしたりくらいはありましたけど。

こっちの子はいずれは学者にしてやっぱりヒーラーをやろうと思っていたのだけど、敢えて召喚士を選んでアタッカー枠で緊急時の補助ヒーラー的な動きをするのも面白いかもしれないと思ったIDでした。そのためには攻撃しながらヒーラーさんの動きや状態を視野に入れておく必要がありますね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 新生FF14エオルゼア
ジャンル : オンラインゲーム

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/972-262e993e


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック