己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

レ・ヴァン・フランセ@彩の国さいたま芸術劇場

もう2週間ほど前になりますが、4月21日(土)にレ・ヴァン・フランセの来日公演を聴きに行ってきました。

以前にも来日公演の感想をブログに書いたことがありましたが、あれはもう6年半も前の話でしたか、そうですか。

メンバーは当時と変更ありません。

 エマニュエル・パユ(ベルリン・フィル首席フルート奏者)
 フランソワ・ルルー(オーボエ)
 ポール・メイエ(クラリネット)
 ラドヴァン・ヴラトコヴィチ(ホルン)
 ジルベール・オダン(パリ・オペラ座管弦楽団首席バッソン奏者)
 エリック・ル・サージュ(ピアノ)

ファゴット(バスーン)ではなくてフランス式のバッソン。「のだめカンタービレ」にバッソン奏者の青年が出てきたので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。ファゴットのややとぼけたような音に比べるとしっかりめの音で、フォルテではサックスのように聞こえることもあります。

前回聴きに行ったのは東京オペラシティでしたが、今回は彩の国さいたま芸術劇場の音楽ホール。私の席は下手側の2階バルコニーでした。

開演前のステージには中央にピアノ、その前に5本の譜面台。立奏の高さにセッティングしてあります。

1曲目はサミュエル・バーバーの「夏の音楽」。これは木管五重奏の曲で、ピアノは入りません。5人の配置は下手側からフルート、オーボエ、バッソン、ホルン、クラリネット。

相変わらず精度の高いアンサンブルです。各自が旋律に回った時にテンポを揺らすのですが、他のメンバーがこれにしっかりと追随する。

バーバーが終わると椅子が入り、譜面台の高さが下げられました。どうやら全曲立奏というわけではないようです。

2曲目はルイーズ・ファランの六重奏曲。メンデルスゾーンやシューマンと同時代の女性作曲家で、自身はピアニスト、夫がフルート奏者兼楽譜出版者。

六重奏曲は初めて聴きましたが、初期ロマン派的な曲でピアノ・パートなどはどことなくウェーバーっぽい感じがしました。思いの外にいい曲。楽譜を探してみたい気もします。

休憩を挟んで3曲目はモーツァルトの「ピアノと管楽器の五重奏曲」。フルートがお休みです。

あれですね。モーツァルトの作品でフルートが入っていない曲の名曲率が高い気がして悔しいです。まあ、そもそもフルートの入っている曲が少ないという現実もあるのですが。中でもこの五重奏曲はモーツァルト本人の自信作ということもあって大変に素晴らしい。

4曲目は20世紀ハンガリーの作曲家ヴェレシュ・シャンドールの「オーボエ、クラリネット、バッソンのためのソナチネ」。この曲も立奏でした。どうやらピアノの入らない曲は立奏ということのようです。正直、この曲はそこまで印象に残っていません。不協和音とかがあってやや現代っぽいなあ、くらいしか。

そして5曲目がこの団体の来日公演恒例、プーランクの六重奏曲。楽譜も持っていていつか演奏してみたいと思っているのですが、これが実に難曲。

しかし、それをこのメンバーは軽やかに演奏してしまいます。あれ、この曲ってこんなに簡単な曲だったっけ? と錯覚してやれそうな気がしてくるほど。騙されちゃダメだ!

パユはややたっぷりめ、オダンとヴラトコヴィチは気持ち前めに進む感じで旋律を歌わせている印象でした。そしてスケールを駆け上がるppの憎らしさと言ったら。

演奏後、渡された花束をヴラトコヴィチがホルンのベルに差していたのが印象的でした。

尚、アンコールはルーセルの「ディヴェルティスマン(喜遊曲)」とテュイレの六重奏曲から「ガヴォット」だそうです。

この編成ではおそらく最高の演奏を聴かせてくれる団体でしょう。満足満足。

演奏会の後、オケのメンバーの飲み会に合流して美味しい日本酒を頂きました。こちらも満足。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/897-10edf625


まとめtyaiました【レ・ヴァン・フランセ@彩の国さいたま芸術劇場】
もう2週間ほど前になりますが、4月21日(土)にレ・ヴァン・フランセの来日公演を聴きに行ってきました。以前にも来日公演の感想をブログに書いたことがありましたが、あれはもう6年半も前の話でしたか、そうですか。メンバーは当時と変更ありません。 エマニュエル...
あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック