己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

仲間が増えました!

突然ですが、我が家の新しい仲間をご紹介します。

ででーん!

龍笛

龍笛です。英語で言えばドラゴンフルートです。
……まあ、竹でできたちゃんとしたのは安くてもン万円するので、これは入門用のプラスチック管ですが。
それでもせっかくなので袋はちゃんとしたものを買いました。

来年春のオータムリーフ管弦楽団の演奏会で、以前演奏した曲の再演として、「椿下断章」という曲をやるんですね。「顔のない月」ってゲームのテーマがモチーフだったかな。

この曲、最初と最後にピッコロのソロがあって、龍笛っぽく吹くよう楽譜に指示があるんです。

で、この曲が上がってすぐ、編曲者が「へい、これで吹かないかい?」(※セリフはイメージです)と差し出してきたのが龍笛。

言うても本番まで1か月くらいでしたからね。私、それまで龍笛なんて吹いたことありませんでしたからね。

いくら何でも無謀ということで丁重にお断りし、代わりにピッコロで演奏しました。

ちなみに、当時の演奏がこちら。



で、この度の再演ですよ。

古典とか平安時代とか好きなフルート吹きとして元々興味はあったので、約半年の練習期間もあることだし、いっちょ挑戦してみるかってことで購入しました。

半年で足りるのかはわかりません。もしかしたら間に合わなくて結局ピッコロになるかもしれません。それでもやれるだけのことはやる所存です。

ちなみにまだちゃんと音は出してません。だって、ピッコロで代役務めるような楽器だよ? それはもう高くてデカい音が出ます。家の中で吹いたら住むとこなくなっちゃうよ、私。

ところで、我が家でプラスチック管と言えばもう1本。

じゃじゃん!

トラヴェルソ

購入した時に一度ご紹介はしていますが、フラウト・トラヴェルソ。バロック時代のフルートですね。

トーマス・ステインズビー・ジュニアという、J・S・バッハと同時代のイギリスの職人が作った象牙製の楽器のレプリカです。オリジナルは日本が誇るトラヴェルソの第一人者・有田正広氏が所有しています。

その形状から古楽愛好家には「蛍光灯」などと呼ばれていますが、ちゃんと吹けばプラ管とは思えないほどいい音が鳴りますし、木管に比べてメンテナンスが容易であることから、練習用に所有している人は多いとか。

これまで時々鳴らして遊ぶ程度でしたが、これもちゃんと練習したいと考えているところ。

私、ただいまバロック強化期間として、苦手意識のあったバロック音楽を積極的に聴いたり吹いたりしてレパートリーにしようと試みています。なら、やっぱり当時の楽器も知るべきかと。

目標はバッハの無伴奏パルティータ。

……おい、いきなりラスボスじゃねえか。

できればちゃんとレッスンにつきたいけど、通常の活動に加えてそこまで練習が回るかは不安がありますね。

あまりの放置っぷりにソフトケースが埃被ってるし、これもいい感じのケースを買うかな……。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/873-15f555ed


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック