己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホール練習

先日ご案内したオータムリーフ管弦楽団の演奏会。
先日、本番のホールで通しを含めたリハーサルが行われました。

午前と午後はいつも練習している西東京市の市民会館で管分奏。
その後、夕食を済ませてホールへ移動です。
会場の所沢市民文化センター ミューズ アークホールは西武新宿線の航空公園駅から徒歩10分。

中に入ると、さすがに大ホールだけあって広いですね。
ここまで広いホールで演奏するのは大学オケ以来かもしれない。
ステージ後方にはパイプオルガン、そして客席が全周に配置されたアリーナ型のホールです。

……たぶん後方の客席は本番は閉鎖されることになると思いますが。

ステージをセッティングして、まずはプログラム順に通し練習。

合奏が始まってみると、なかなかどうして大変なホールです。
アリーナ型ということはステージ後方に反響板がないんですね。
おかげで響きが拡散してアンサンブルがやりづらい。
管楽器の位置で演奏していると、弦楽器の音がほとんど聞こえません。
広いステージだからと余裕を持って配置したのも仇になったか……?

休憩中には指揮者や他のセクションリーダーとセッティングの修正等について打ち合わせ。
オケをもっとコンパクトに配置したほうがいいようです。

そんな戸惑いもありましたが、事前にホールで練習する機会があってよかったと前向きに考えましょう。
本番ではより会場にマッチした演奏ができるように調整したいものです。

さて、この日の通し練習の録音を元に、演奏会デモが完成しました。
ジェバンニ……いえ、スタッフが一晩でやってくれました。いや、ホント。



そんなわけで、興味を持ってくださった方はぜひご来場ください。
よろしくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニソン・キャラソン
ジャンル : 音楽

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/865-3b438d32


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。