己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタジー

フォーレの「ファンタジー(幻想曲)」という、フルートとピアノの曲が聴きたくなったんです。でも生憎と手元にCDがない。

仕方がないからネットで探すかとYouTubeを漁っていると、やたらと背の低い女性(?)がフルートを吹いているサムネールが目に入りました。何となく気になってクリックしてみると、なんと8歳(当時)の女の子。

フルートに限らず管楽器は呼吸器系が出来上がらないと演奏できないものです。だからヴァイオリンやピアノのように3歳から始めるとかは普通は無理。一般には早くても小学校高学年くらいからです。

なのに8歳かよ!? 普通のフルートがアルトのように大きく見えるし、大丈夫なのか……と思ったのは一瞬でした。演奏が始まってみると、ちょ、おま……。

緊張していたのか一発目の音をちょっとミスってますが、その後は8歳とは思えない芯のあるしっかりした音で、アレグロに入ってからも堂々としたもんです。

こちらがその動画です。



「ファンタジー」は大学生の頃に発表会で吹いたことあるんですけどね、こんなにきちんと吹けませんでしたわ。また練習してみるか。

ちなみに、関連動画に入っていたシャミナードの「コンチェルティーノ」は7歳の時の演奏だそうです。これ、私は吹けません、たぶん。



尚、手元にないと思っていた「ファンタジー」のCDですが、実家からパユの録音を持ってきたことを思い出して探してみたら見つかりました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/849-1f118d92


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。