己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三雲岳斗『ダンタリアンの書架7』

ここ2か月ほど、読んでいるラノベの新刊ラッシュだったので、たまには少しずつ感想をまとめていきたいと思います。

まずは7月からアニメが始まる「ダンタリアンの書架」から。たいていの作品はアニメ化後に原作を読むことが多いので、1巻の発売時から読んでいる作品のアニメ化は嬉しいですね。

主人公(?)のヒューイは小野D、ヒロインのダリアンは沢城みゆきさんが演じるそうです。

沢城さんでこの手のキャラだと「ローゼンメイデン」を連想しますが、ダリアンは丁寧口調の毒舌キャラなので真紅よりは翠星石に近い感じ。ヴィクトリカが好きな人は観るといいです。話としてはこっちのほうが面白い……と私は思います。

他のキャストはまだ発表されていませんが、カミラには豊口めぐみさん、ジェシカには井上麻里奈さんがいいんじゃないかと思っています。

あ、ちなみに作者は「アスラクライン」の方です。変わったところでは「絶対可憐チルドレン」のノベライズもされてますね。

で、最新の7巻。


●第一話「災厄と誘惑」

のっけからSF、それともクトゥルー!? な始まり方。ただ、本筋自体は拍子抜けなくらいあっさりな真相でした。

それよりも何よりも、風邪で寝込んだヒューイを看病するダリアンがね。これはぜひ沢城さんにやっていただきたいところなのですが、アニメではここまで行かないだろうなあ。

しかし、アニメのキャラデザではどうして布製のヘッドドレスが金属のティアラっぽいのに変わったんだろう?

●断章一「型録」

平凡な顔の男が幻書の力で顔を取り替えるというお話。
平凡で目立たない顔にも利用価値はあるということで……。

●第二話「叡智の書II」

第1巻収録の「叡智の書」の続き……と言っても同じ幻書が登場するってだけで話は独立しています。てか、ぶっちゃけ、1巻のほうの話は覚えてない。アニメでやるかな?

ノーマンという、ヒューイと因縁のありそうな人物が登場します。意外と謎の多いヒューイの素性にもちょっと触れられました。ノーマンはいずれまた出てきそうですね。

●第三話「少女たちの長い夜」

ダリアンとジェシカがメインのお話。

ジェシカの在籍する寄宿学校とその周辺を舞台に「開拓の書」と呼ばれる幻書を巡って騒動が引き起こされます。二人の友情(?)に注目です。

●断章二「模倣の書」

表紙に描かれた人物の内面を映し出す幻書の話。ある女性に恋した美術学生がその女性の内面を知るために作成した幻書には理想的な女性の姿が書き記されていたのですが、この作品でそう話がうまくいくはずはありません。

●第四話「鍵守」

扉の英題が「Episode FINAL」となっていてちょっとドキッとした話。「鍵守」ってタイトルも思わせぶりですしね。

ダリアンは普段「是(イエス)」「否(ノウ)」という返答をするのですが、この話では「是(シ)」「否(ノ)」と何故かイタリア語で返答していました。その違和感の正体は読み進めればわかります。

アントワネットって名前の意味がわかった時にはちょっと嘆息しましたね。ああ、そういうことかと。最初はこれが未来の話で、アントワネットはヒューイとカミラの娘なんじゃないかと思いながら読んでいたり。

口の周りに砂糖たくさんつけて登場するダリアン可愛い。


この「ダンタリアンの書架」は「ザ・スニーカー」に連載されていた短編をまとめたもので、どうやら「鍵守」が連載分の最後の話ということらしいです。7月には早くも8巻が出るようで、ちょっと安心しました。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 本・雑誌

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/846-08f2e3f0


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。