己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合奏デビュー

週末に所属オケの練習があったのですが、木管フルートを合奏デビューさせました。

新しい楽器なのであまり無理をさせるわけにもいかず、まだ早いかなと若干の葛藤があったのですが、本番でも使うつもりなのもあって少しずつ慣れておくためにも使ってみました。オケの中でどう響くのかも確かめたかったしね。

その分、吹く前には入念に楽器を暖め、合奏の合間にはこまめにスワブを通して水を拭き取るように注意。

黒いフルートは視覚的にも目立つので、組み立てて音を出していると周囲のオケメンバーが騒然となって小心者の私は少し恥ずかしかったです。

演奏した曲は体調不良でダウンしたメンバーの代奏でブラームスの「大学祝典序曲」、それと自分の乗り番の「カルメン」組曲。どちらも1番フルート。

オーボエやファゴットなど、他の楽器とユニゾンやオクターブで吹く際にも音色がよく溶け合います。その一方でソロになればしっかり音が立ってくれます。「大祝」は割と厚いオーケストレーションですが、トゥッティになった時もきちんと自分の音が通ってる感じがしました。「カルメン」の間奏曲のソロも木管だと音が柔らかくなっていい感じですね。

木管のフルートは音量が出ないという印象を持っている方が多いかと思いますが、全然そんなことないです。オケでもしっかり通用します。まあ、大ホールでどれくらい音が通るかは実際に行ってみないとわからない面もありますが。

あとは金属管のフルートとアンサンブルをした場合にどうなるか、かな。オケの中でもちょろっとフルートセクションで合わせる場面があって、特に違和感はなかったのですが、いかんせんまだサンプルが少ない。フルートだけのアンサンブルはこれまたやってみないとわからないです。その辺は年明けの練習で試してみます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/807-86a2c1cc


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。