己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワルター・アウアー

日曜日、上京していた両親から召集令状が下ったので出頭し、東京スカイツリーや浅草に案内しました。建設中だというのに見物に訪れる人がたくさんいるようですね。いや、むしろ建設中だからなのか?

その後、空港に向かう両親と別れ、夕方からのオケ練習まで多少の時間があったので銀座の山野楽器とヤマハで楽譜やCDを物色。

そこで購入したのがウィーン・フィルの首席フルート奏者ワルター・アウアーの新譜。ショパンのピアノ三重奏曲のフルート、チェロ、ピアノ用編曲と、フランセ、ディヒラーの同編成曲を収録したもの。

目に留まったきっかけはジャケット裏面の写真でアウアーが木管のフルートを持っていたこと。これ、私が買ったのと同じ三響の木管なのです。

アウアーがメインで使っている楽器は三響のゴールドなのですが、木管も持っていることは三響のホームページを見て知っていました。キーは私のと違ってゴールドのようです。

それでも、同じ楽器を選んだプレイヤーとしてどんな音で吹く人なのか気になっていたのですよ。でもソロのCDって出てなかったんですね。で、偶然にも先月発売されたばかりの室内楽の新譜を見つけて手に取ってみたら木管の楽器持ってる!

即買い余裕でした。

んー、やっぱり木管の音っていいです。柔らかくて且つ、芯がはっきりしている感じ。楽器が届いたらこの音をイメージしながら練習に励みます。

この人のゴールドの音も聴いてみたいけれど、他に録音は出てないみたいですね。ウィーン・フィルの録音にも参加しているのだろうけど、誰が吹いているかはわからないしなあ。

尚、私の新しい相棒となる木管フルートは既に完成していて、先日、工場見学と合わせて試奏してきました。今週末か遅くとも来週末には楽器店にお迎えに行く運びとなりそうです。

しばらくはじっくりと調教する感じになると思います。3月のオケにはその楽器で出るつもり。2月のアンサンブルはちょっと無理かなあ。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/803-2c146846


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。