己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/04 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

円高

円高が止まりません。

昨日、野田財務相が緊急会見を開きましたが、出てきた言葉はいつもと同じ、「細心の注意と重大な関心を持って見ていく」でした。

この会見の直後、為替相場は急激に円高が進行、1995年5月以来、約15年ぶりの円高水準となる1ドル=83.15円をつけました。

「見ていく=何もしない」と市場に受け取られてしまったのです。尚、現政権の閣僚は円高に対して「注意深く見守る」とかそういう発言を再三繰り返し、その度に円高が加速しています。

更に本日、菅首相は円高について「そう遠くない時期に、ちゃんとした対応をする」と発言。これが市場では「即座に為替介入などの対応策を執ることはない」と受け取られました。

結果は、日経平均株価が一時8807.41円まで下落。終値ベースで見ても年初来安値を更新しました。

そもそも、現在の円高は各国が自国通貨切り下げ競争を繰り広げる中で相対的に起こっています。通貨安はその国の輸出産業にとって有利に働きます。日本は円安を保つことで輸出大国としての地位を築いてきました。

今、各国がそれをやっている。その中で日本だけが何もしていないのですから、相対的に円高になるのは自明の理です。そして、それによって日本経済の主力である輸出産業が大打撃を受けるから株価も下がるのです。

でも政府は何もしない。何もしないどころか火に油を注ぐような言動を繰り返している。

何もしないで何をしているか。民主党の代表選です。日本経済も国民生活もそっちのけで権力闘争に明け暮れているのです。民主党もマスコミも自民党の派閥を散々批判してきましたから、「派閥」という言葉は使わず、「グループ」などと聞こえのいい言葉を使っています。が、実情は自民党の派閥争いなど比較にならないほど殺伐とした内乱です。

さて、話を円高に戻します。

何度も無為無策をさらけ出すような発言を繰り返していれば、バカでも自分の発言が原因だと気がつきそうなものです。いまだに気がついていないとすれば、それは無能と呼ぶのも勿体ないくらいの無能、無能以下です。

もし、彼らが本当に無能ではないのなら、それくらいのことにはとうに気がついていて、その上で敢えて繰り返しているということです。

つまり、日本経済をガタガタにする円高を、民主政権が意図的に加速しているということになります。

では、何のために?

それに対する答えはここでは提示しません。テレビや新聞だけでは見えてこないものがたくさんあります。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 為替
ジャンル : 政治・経済

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/782-e877e93c


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック