己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きな悪役

こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です!
今日のテーマは「好きな悪役」です。

光がある所には影がある。
正義のヒーローが向かう先には必ず悪役が存在します。
人々や世の中を恐怖に陥れる強敵もいれば、どこか憎めない
おっちょこちょいのキャラクターもいます。
皆さんは、ドラマ、映画、アニメの中で、お気に入りの悪役はいますか?

私は、色々考えましたがやっぱりバイキンマンです...
第758回「好きな悪役」



たまにはこういう企画に乗っかってみるのも。

私がチョイスしたのは「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」のハドラー。

かつては人間を殺戮することに一片の躊躇いも持たない冷酷で残忍な魔王。

勇者アバンに倒された後は大魔王バーン配下の魔軍司令として復活するのですが、そのハドラーは典型的な小悪党。己の野心と保身のみにこだわるその姿は魔王としての威風などどこにもないヘタレそのものでした。

しかし、何度もダイたちアバンの使徒に敗北を重ねるうちに、アバンの使徒に勝つことに自分のすべてをかけるようになります。最終的には正々堂々と戦う誇り高い武人にまで成長し、その戦いに横槍を入れた大魔王バーンに反目さえします。

悪役ながら作品中でも一、二を争う成長を見せたキャラクターです。

ダイとの最終決戦、その後に続く死に様は涙なしには読むことができません。

「……神よっ!! 人間の神よっ!!!
 魔族のオレが…はじめて祈る…!!!
 もし本当に…おまえに人命を司る力があるのならこいつをっ…!!
 この素晴らしい男だけは生かしてくれっ!!!
 オレのような悪魔のためにこいつを死なせないでくれっ!!!
 …神よッ!!!」


人間など家畜同然と断言していた初期の彼からは想像もできなかったセリフです。


ハドラーとは違う意味でミストバーンも魅力的な悪役でした。

「大魔王様のお言葉はすべてに優先する」との発言に表れているように大魔王バーンに深い忠誠を誓う魔影参謀。

その一方で、自分の魔物としての性質から、己の肉体を鍛えて強さを手に入れた者に対しては敵味方の区別なく尊敬の念を持っています。

「…では…さらばだ…ロン・ベルク!
 そして思ったより骨のあった人間どもよ!!
 私は強靭な肉体と精神を持った者は 敵味方を問わず尊敬する。
 諸君らの活躍を永遠に心に留めておくことを約束しよう!」


そんな彼は魔王軍におけるハドラーの最大の理解者でもありました。

しかし、敬意を抱くハドラーでさえ、バーンのためならば迷わず切り捨てる冷徹さが正統派の悪役らしさを感じさせます。

----- お知らせ -----
左上のカウンターで152,000、またはその周辺を踏んだ方はご報告ください。ショートショートのリクエスト権を進呈します。詳しくはこちら
関連記事
スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/685-b26ba466


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。