己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

【アマガミ】絢辻詞ルート感想【ネタバレ注意!】

「アマガミ」の時代設定は「キミキス」の7年前という説が出ていて、その根拠を読んでなるほどと思ったのですが、ちょっと待ってください。ということは、現在小学2年生の七咲郁夫は、菜々やなるみの1つ下ということになるんですね。そっか、「キミキス」の時代では中3かあ。

というわけで3人目、絢辻詞(あやつじつかさ)ルート、スキBEST及びナカヨシ攻略。何か、スキルートにはBEST以外のエンドもあるみたいですね。私は「スキ=BEST」くらいに思っていました。

尚、これまでのヒロインすべてそうですが、コース取りとしてはアコガレ終盤に作ったセーブポイントからからスキ、ナカヨシに分岐して攻略しています。今後も全ヒロイン1周するまではそのやり方で進めるかと。

制作サイドも「好き嫌いが分かれそう」と仰っていた絢辻さんですが、私は大好きです。キャスト補正の入った薫さえもぶっちぎり、これまで攻略した3人の中ではダントツのトップ。レベル2以降の会話が楽しくて仕方ない。

周りから「どちらかと言えばドS」だの「腹黒」だの言われても自分ではMだと思っている私にとっては、たまらないルートでした。ゾクゾクが止まらない。

CVは名塚佳織さん。私の中ではエウレカのイメージが強く、最近だと「絶チル」のキャリー(キャロライン)が印象に残っています。キャリーとキャロラインという、同一人物ながら異なる人格を幼い声と大人びた声の2通りで演じ分けていた他、「true tears」の比呂美のような影のあるヒロインもこなしていらっしゃいます。

絢辻詞はその演技の幅を見事に活かしたキャラクターになっていました。名塚さんはいい仕事してます。

あ、このキャラに関してはネタバレなしでの感想はほぼ不可能なので、ここから先は閲覧注意で。



私の好きなキャラ属性は、外見では「黒髪ロングストレート」、性格は「強気・腹黒・男口調(いずれか1つでOK)」です。なかなか外見と性格の両方を満たしているキャラはいないのですが、絢辻さんはいい具合です。

本性を現した絢辻さんの表情の素敵なこと。ゾクゾクしてしまいました。周囲の空気をまとめて凍りつかせるような冷たい声がまた……。ホント、名塚さんはいい仕事してます。

とは言うものの、実はこれも本性ではないんですよね。普段とは別の仮面をかぶったってとこでしょうか。エンディング近くまでいけばそれがわかります。

ただし、絢辻さんがドSであること自体は仮面でも何でもなく本性です。そこに偽りはない。

何しろ、橘さんがクラスメイトから「女性にどうして欲しい?」と質問されて「罵られたい」と答える様を、物陰から目撃して喜ぶ方です。誰も見ていなくてもそうなのです。

「最近、興味あるものって何?」と振ってみると、絢辻さんは「そうね……」と言ってニヤリと微笑みながらこちらを見ます。似たような質問が七咲との会話でもあるのですが、この歴然とした反応の違いにゾクゾクしますね。

「僕を動物に喩えると何?」と尋ねれば「犬」と即答。心が折れそうだぜ……。

ああ、そうそう。犬と言えば、こんなのもありました。

「帰りがけに高そうな犬を見つけたから、何か使い道があるんじゃないかと思って捕まえようとしたの」

信じられないかもしれませんが、パッケージを飾るヒロインのお言葉です。
……すげえ、すげえよ、あんた。変態紳士が霞んで見えるぜ。

ところで、ダークサイド絢辻さんの声って何となく鶴ひろみさんに似てません? 目をつぶって聞いてると美神令子の顔が浮かんでくるんですけど。

このルートでは橘さんの変態的言動も控えめ。会話でそっち方向にブレ始めた途端に冷たい言葉の刃と鋭い視線の矢が突き刺さるので、さすがの橘さんも牙を抜かれた獣。この状況下でなおいつもの橘さんなら、火薬庫で火遊びするような勇姿が見られたのに。

せめて一矢報いようと絢辻さんの鞄をクンカクンカしたり、抱き締めたりする橘さん。それすらも絢辻さんの掌の上で踊らされているに過ぎないという有様。絶望的です。

他のルートでは、キスとかそういうシーンはたいてい会話モードのアタック後に来るものなのですが、絢辻さんのルートでは割と普通のイベントで突然訪れます。

そのうちの最初のイベントだったかな、絢辻さんはこのようなことを仰います。

「契約成立、ね」

魔女と使い魔ですね、わかります。

あるイベントで登場する幼女つかさのボイスがキュート。信じられないことにこれ、回想シーンではありません。つくづく、名塚さんはいい仕事(以下略)

レベル3ナカヨシでは、何と会話が表モードと裏モードの2種類用意されています。おそらく周りに人がいるかどうかで変わるのでしょう。表モードで話していると、基本的に猫かぶった状態での会話になるのですが、裏の顔を知っているから違う意味で楽しめます。時折、対応を誤ると密かに鋭い視線が突き刺さるのも刺激的。あと、表モードでアレな話題を振った時など、裏モードだとどういう反応になるのか気になりますね。

ナカヨシルートの黒沢BAD END。ルート回収のためとは言え、マジ辛かったです。最後に絢辻さんが残していく言葉に泣きそうになりました。

そんな感じで、真綿で首を絞められながらそれを快感に変えていく、いつもとはベクトルの違う変態紳士・橘さんが楽しめるルートでした。

さて、4人目は……梨穂子にしましょうかね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アマガミ
ジャンル : ゲーム

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/655-fc57a123


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック