己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

アマガミ

ただいま絶賛アマガミ中です。
ネット上でしばらく消息を絶ってもちゃんと生きてます。探さないでください。

というわけで、この週末、体調を崩して外出できなかったこともあって、「食う・寝る・アマガミ」の生活を送りました。……時間的には「寝る」が一番長かったです。本当はもっとがっつりアマガミたかったのですが、仕方ない。

それでも何とか1人目の棚町薫(CV:佐藤利奈)のスキEDとナカヨシEDをクリアしました。今は2人目、七咲逢(CV:ゆかな)でLV3スキルートに突入したところです。

シナリオの感想を綴る前に、取りあえず。


薫さん、いいわあ。


元々こういう強気で勝ち気な振り回しキャラが好きなところに、声が利奈さん。もう私のために用意されたキャラと言っても過言では……ええ、過言ですが、そんなの関係ない。

この迸る思いを、敢えて流行りの言葉で表現させてください。


ほぼ逝きかけました。


……こほん。

では、簡単に薫ルートの感想を書き連ねます。ネタバレは極力避けているつもりですが、神経質な方はご注意ください。


ノリの良さではおそらく全ヒロインの中でも屈指で、主人公の変態ぶりに素でついてこられるのは薫さんくらいしかいないんじゃないかと思います。だって、ファーストエンカウントで背後から主人公の耳を甘噛みですよ。「うわ、いきなりやっちまったよ、この人」って感じなんですよ。

シナリオとしては、スキルートで多少の問題が起こるものの、割とさらっと方がついてしまうので、大した波乱はない感じ。ひたすら薫と悪ふざけの応酬を繰り返す日々ですね。そこを楽しめるかどうかなんじゃないでしょうか。

ああ、そうそう、薫がモノマネをするイベントで、某うどん少女をやり始めたのには吹きました。利奈さん、全然似てないけど可愛いです……。どうせなら、他の選択肢も結美とかにして欲しかったですね。

他には……、サブキャラの田中恵子(CV:門脇舞以)がいい感じですね。外見は目立った特徴もなく大人しそうな女の子なのですが、意外と押しの強い部分があります。伊達に薫の親友やってません。エピローグのワンシーンを掘り下げれば1本書けてしまいそうです。というか、既に構想が頭の中に。完成を見るかどうかはわかりませんが。

尚、薫ナカヨシルートでは、分岐でまさかの田中さんルートが登場します。半分、いや、3割くらい嘘です。

ちなみに、門脇さんはエンドロールで役名に「田中恵子」の他に「???」と出てきます。つまり、アレですね。ええ、「キミキス」をやった方ならおわかりでしょう。

それにしても、前作「キミキス」に引き続き、主人公の変態ぶりは相当なものです。プレイしながら何度、「ダメだこいつ、早く(以下略)」と思ったことか。会話モードや各種イベントでの無茶振りによくヒロインたちがぶちキレないものだと感心します。時折キレ気味にはなっていますが。

あと、攻略ルートから早々に離脱したヒロインたちの末路が半端ないです。正直、もしかしたら出会わないほうが彼女たちにとっては幸せなんじゃないかと思ってしまう子もいます。クリアする意欲を少しだけ吸い取られます。まあ、そうは言ってもクリアするんですけどね。

会話モードのコツなのですが、うまくいかなくてロードする時は、その前に失敗したデータを別の場所にセーブしましょう。これで会話の結果が記録され、外した話題に×がついたりして進めやすくなります。

最後に、クリア前のヒロインたちの現時点での印象をざらっと。

絢辻詞(CV:名塚佳織)
正直、今のところこれといった印象がないです。でも、「仮面優等生」の売り文句がありますし、きっと腹黒キャラとして覚醒してくれるはず。期待しています。

桜井梨穂子(CV:新谷良子)
出会いイベントでいきなり主人公に踏まれる幼馴染み。主人公の親友・梅原正吉(CV:ギャルゲー好きの声優T・T)とは面識があるようですが、中学校からの悪友・薫とは接点がなさげな感じ。そこんとこどうよ、なんて考えていたら、利奈さんと新谷さんの組み合わせが記憶に引っかかりました。……ああ、PS2版「White Princess the second」の幼馴染みコンビがこの2人だ、そう言えば。

中多紗江(CV:今野宏美)
密かに一癖も二癖もありそうなキャラ。強制イベントで時折見せる反応から、いい趣味してるのが窺えます。基本的には素直ないい子なんでしょうけど、何か裏があるんじゃないかと思ってしまうのは中の人のせいなんでしょうね、あきら様的な意味で。

七咲逢(CV:ゆかな)
現在、攻略中。落ち着いている割に冷めたところのない感じ。時折慌てふためく姿がチャーミングです。テンションMidの時のニヤリと笑った表情が好き。

森島はるか(CV:伊藤静)
以前、何かのWebラジオで静さんが罰ゲームとして恥ずかしいポエムを読まされたことがあります。それを思い出させる声質です。もしかしたら、静さんにとっては演じるのが恥ずかしい部類のキャラだったかも。出会いイベントでは、告白もしないうちにいきなり主人公を振るという暴挙に出てくれます。

どのキャラも事前の印象をいい具合に裏切ってくれそうで期待しています。

そんな感じで、私は当分アマガミます。ではっ!




「宇宙をかける少女」で時々流れるBGMがこれにしか聞こえません。
http://www.youtube.com/watch?v=PvvNFD1uLtI

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アマガミ
ジャンル : ゲーム

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/650-3f4af6af


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック