己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Suara LIVE 2008 ~太陽と月の調べ~

「Suara LIVE 2008 ~太陽と月の調べ~」を聞いてきました。
今回は2F指定席を確保しました。Suaraさんの曲は座ってじっくり聴きたい曲が多いですからね。

いやぁ、相変わらずSuaraさんはスゴいっすよ。そんな、林原の横浜特攻記。
調子に乗って書いていたらめちゃくちゃ長くなったので、続きは↓からどうぞ。

私は16時30分頃に横浜入り。会場を探しつつ、軽く何か食べておこうと散策です。横浜BLITZって結構目立つ建物ですね。遠い所からでもすぐに見つかってしまいました。周りが見通しのいい場所ってのもありますけどね。

繰り返しになりますが指定席なので別に並んで待つこともないかと、のんびり近くのカフェでサンドイッチ食べてコーヒー飲んでましたが、それも17時少し前には済んでしまい、取りあえず開場待ちの人々の列へ。

やがて開場になったわけですが、なじぇ指定席の我々が最後まで外で待たされるですか? 暑かったですよ。どうせ席はあるんだから、時間まで散歩でもしてようかと思ってしまいましたよ。物販覗きたくて並んだのは失敗でしたか?

あ、物販コーナーではTシャツとストラップを購入しました。「ここで装備していくかい?」とは聞かれませんでしたが、Tシャツはその場で装着です。あ、もちろん、物販コーナーのお姉さんの前で着替えたわけではないです。某・N川さんのような裸王さまにはなれません。

私の席は2階F列の16番でした。なかなかいい場所です。ただ、その席から見ると、Suaraさんがおもに歌うであろう場所の真ん中を転落防止の手すりが横切ってしまうのです。ううむ、もう1,2段上の席なら完璧だった。

さて、ようやくライブのスタートです。1曲目は予想どおり「haunting melody」でした。もう、歌い出しからゾクゾクですよ。昨年のアニメロサマーライブでいろんな歌手の歌を生で聴きましたが、Suaraさんほど心を揺さぶられるボーカルはいませんでした。その歌は健在、いや、ますます磨きがかかっています。

Suaraさんはあれで結構声量がありますから、一昨年の高田馬場のライブの時は、ライブハウスが小さすぎてSuaraさんの声が収まりきれてない印象だったのですが、今回は広いライブハウスでいい感じでした。

2曲目は「光の季節」。私は観たことがないのですが、「あさっての方向」というアニメの主題歌ですね。いかにもLeafのOPという感じの1曲目に比べると少し明るく爽やかな曲調です。この歌い分けもさすがに巧みです。

そして、3曲目で早くも「キミガタメ」来ちゃいました。うーん、初っ端から飛ばしてます。

3曲歌ってようやくMCが入ります。歌に比べるとこっちはちょっとグダグダな感じですが、それもまた良し! Suaraさんは自称「雨女」らしいですが、確かに高田馬場のライブの時は雨だったような。「今日は晴れてるけど」と断った上で、雨の日に書いたという失恋の歌、「June」がスタート。そこから「水鏡」「はじまりの約束」「遠い街」と一気に4曲。

ここで、重大発表……のはずが、うまくMCで参加者を乗せきれていませんでしたが、未発表曲の登場です。「痕」のOP曲になるらしい「花言葉」。初めて聴くのがライブというのは、かなり贅沢なものです。印象としては、節回しが難しそうな曲。「痕」というゲームについてはLeafのサイトでちらっと絵を見た程度ですが、何となく持っているイメージにはぴったりの曲だと思います。

新曲に続いて「星座」。「鎖」のED曲ですね。ゲームはやったことありませんが、この曲は大好きです。1週間前のアニサマでも歌ったみたいですね。この曲を歌うSuaraさんの声には何というか、重量感のようなものがあって、それでいてどこまでも、それこそ星の高みまで上っていきそうなのですよ。

さて、この辺りから私の鳥頭では演奏曲を覚えきれなくなってきているのですが、前半がしっとりとした曲が多かったのに対し、少しずつノリのいい曲が入ってきました。

で、一応のラストは「君だけの旅路」と「夢想歌」の「うたわれるもの」ソングズでした。どっちの曲もやっぱりいいですね。

アンコールには「memory」。そして、「トモシビ」。「アマネイロ」に入っているアコースティック版のようなアレンジで、サビの一部を客に歌わせる場面もありました。そして正真正銘のラストは、ニューアルバムのタイトルチューン「太陽と月」でした。そりゃそうですよね。これは外せませんよね。

全般的にライブというよりはコンサートという感じで、曲に合わせて飛び跳ねたい方には向かないイベントでした。でも、それがSuaraというアーティストです。そうやってじっくり歌を聴かせる歌手が、今日本にどれだけいますか。

11月にある「アクアプラスライブ2008」にも出演されるようなので、こちらもぜひ参加したいものです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニソン
ジャンル : 音楽

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/554-c18c1cd7


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。