己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

今野緒雪『お釈迦様もみてる~紅か白か』

※ 基本的にネタバレはないと思いますが、神経質な方はスルーでお願いします。


ついにオフィシャルで出てしまった花寺学院編。

どちらかというと『マリア様がみてる』(以下:本編)よりもこっちのほうが今のコバルトの基本路線な気がするのは、私の思い過ごしでしょうか。

それはさておき。
花寺メンズは本編でリリアン独自の文化に興味津々のようでしたが、

……どう考えてもあんたらのほうがスゲえよ!

アンドレだとかランポーだとか、そんな訳のわからん通り名持った連中が闊歩してて、なおかつ毎日が源平合戦て。そりゃ、祥子さまでなくても逃げたくなるさ。

ぶっちゃけ、リリアンみたいなお嬢様学校はリアルにあってもおかしくないと思いますが、花寺みたいな学校がリアルにあったら恐ろしいです。

しかもキスシーン。
本編ですら、祐巳さんと聖さまのアレくらいしか思いつかない(そう言えば、聖さまと栞ってキスしましたっけ?)というのに。自重しろ、銀杏王子。

祐麒と並んで表紙を飾っている祐巳さんは、出番は少ないながらおいしい役回りを与えられてます。時系列で言えば祥子さまと出会う半年くらい前のはずですが、ずいぶんとしっかりしています。実は未来からやって来た祐巳さん(大)なんじゃないですか?

そしてアンドレ。
こういう人をツンデレって呼ぶんですね。やっと理解できました。
ちなみに、礼一という名前が出た時点で、「ああ、名字はやっぱりあれなんだろうなあ」と察してしまったのはお約束です。

ところで私、「お釈迦様もみてる」ってタイトルの二次作品、サイトにアップしてるんですが、タイトル変えたほうがいいのかなあ。あれ書いた時はまさかオフィシャルと被るなんて予想だにしませんでしたからねえ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/548-34d0742f


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック