己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

タイム・パラドックス

Mac OS X 10.5、通称「Leopard」の新機能で最も重宝している「Time Machine」の調子が悪くなりました。

Time Machineの領域に入るとスタックして動かなくなってしまうのです。キャンセルを押しても反応がなく、強制終了する他なくなります。ちなみに、保存先のHDDを直接開いてバックアップデータにアクセスすると動作がとんでもなく重くなるというおまけ付き。

ネットで調べてみたところ、こんな現象が起きているのは私だけではないらしく、アンチウィルスソフトを無効にすることで回避できることがあるとのこと。そう言えばつい最近セキュリティソフトをアップデートしました。

そこで現在使用しているVirus Barrierの「リアルタイム・スキャナ」を無効にしてTime Machineを再トライ。すると、おお、すらすらと動くではありませんか。

で、再びリアルタイム・スキャナを有効にして試してみるとやっぱりスタック。どうやらこれが原因で間違いないようです。

かといって、Time Machineにアクセスする度にリアルタイム・スキャナをON/OFFするのでは少しだけ面倒です。

そこで、ふと思いついてバックアップ先になっている外付けHDDをVirus Barrierの「信頼する領域」に指定し、リアルタイム・スキャナの対象外にしてみると……リアルタイム・スキャナが有効のままでもちゃんとTime Machineが動作します。

私の場合、このHDDはTime Machineにしか使用していないため、いちいちスキャンをする必要もないと思われます。よし、これで行こう。

Leopardユーザで同じような症状が見られる方の参考になれば幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/542-29fa8327


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック