己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

みんなのうた

 器楽奏者という種族は、クラシックの名曲さえギャグのネタとして使います。その代表的なものが、器楽曲に歌詞をつけて遊ぶというものです。特に音大生が好んでやっているようです。

 私も高校生の頃からこうして「歌詞がついた」曲を先輩から教えてもらったりしてました。

 例を挙げるとチャイコフスキーの交響曲第4番の第4楽章。歌詞は、

「私は共産党員 あなたも共産党員 みーんな共産党員 みーんな共産党員 レーニン レーニン レーニン レーニン……」

というものです。ちなみに曲をご存じでない場合はこちらで聴くことができます。東京交響楽団のサイトの試聴コーナーです。2004年7月25日の演奏会の欄にあります。華々しい序奏が終わって静かに始まるメロディに耳を傾けながら上記の歌詞を見てください。

 もうひとつ挙げましょう。ドヴォルジャークの弦楽四重奏曲「アメリカ」の第1楽章の第1主題です。歌詞は

「裏の畑でじいさんが 芋掘り 芋掘り おうちに帰る」

となります。こちらでお聴きください。クラシック音楽のMIDIサイトになります。

 このドヴォルジャーク、私は演奏会のパンフレットの解説で知りました。こんなものを解説に載せるということ自体が普通ではないのですが、何と演奏前に曲紹介と称して第1ヴァイオリンの方がご丁寧に歌ってくださったのです。その後、曲の演奏が始まったわけですが、当然ながらそのメロディが頻繁に登場するのですよ。その度に私の頭には「うらーのはーたけでじーいさーんーがー♪」としか聞こえず、笑いを堪えていました。

 このように、こうしたギャグの歌詞は一度聴いてしまうとそうとしか聞こえなくなるという罠があります。あなたは……禁断の扉を開けますか?

 ちなみに、リズムが難しくて演奏しにくい節が出てきた場合、合わせやすい歌詞を作ってそのイメージで練習してみるという用途もあります。歌詞をつけて遊ぶのにもそういった意義がある……と思いたい。

関連記事
スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/52-a4dfb7fd


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック