己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ガレットを食べに

ごきげんよう、林原です。

本日は久し振りに雑記での更新になります。ちなみに今週末は出ずっぱりで執筆時間はまったく取れませんでした。

クレープを食べに行ってきました。お店はこちら。以前、表参道のお店に行ったことがあるのですが、今回は神楽坂のお店です。ここはブルターニュの名物である蕎麦粉のクレープ、ガレットが食べられるお店。

以前も書いたことがある気はするのですが、日本ではクレープと言うとデザートというイメージが強いかと思います。日本のクレープ屋さんでもソーセージなどを包んだものを用意していますが、たいていは同じ生地を使っているため、妙に甘いのが問題。蕎麦粉のガレットは塩味で、これに卵、チーズ、ハムなどを載せたものをガレット・コンプレットと呼びます。

今月いっぱいで退職する会社の後輩が食べたいと行っていたので、餞別代わりに行ってきました。あ、ちなみにその後輩は男です。そこ、男二人でクレープ食いに行くなんて寂しいって言わない。当初の予定ではもう一人同僚が行く予定だったのですが、残念ながら実家へ帰る用事が入って離脱したのです。そこ、仮に1人増えたって男だけで(以下略)。

メニューも多く迷うところなのですが、私はコンプレットに生ハムを載せたものを選択。久し振りに食べたガレットは、ほどよくパリッと焼き上がった生地に包まれた卵やチーズと生ハムのハーモニーが絶品でした。

もちろん、その後は小麦粉のクレープをデザートに食べるのを忘れません。せっかくだからここはフランベにしましょう。このお店でフランベを注文すると、テーブルにクレープを持ってきた後に火をつけたお酒を注いでくれます。お皿の上で炎を上げるクレープ。なかなか見応えがあります。注ぐお酒はラム、グランマルニエ、カルヴァドスなどから選べますが、ブルターニュ特産のカルヴァドスがお勧めです。

後輩も満足した様子でした。私もかなり久し振りに食べたので大満足でした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/511-b10287a1


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック