己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ひびき玲音・鈴本紅『カレン坂高校可憐放送部』

『マリア様がみてる』シリーズの挿絵でお馴染みのひびき玲音先生原作の小説がスタート。完全無欠に表紙買いしました。

驚愕、もとい共学の私立高校の放送部が舞台という一風変わった設定。ですが、メインの主人公は放送部員ではない優月みひろ……でいいんですよね。他のキャラ視点の章もあったりするので自信がないのですが、きっとそうでしょう。

幼なじみの潮崎なちるが大好きなまひろ、なちると仲のよい男の子にヤキモチ焼いちゃったりもするのですが、その男の子が実はまひろを好きだったりするわけですよ。実際にはもう少し曖昧な表現ですが。ここまではコテコテの少女小説です。

そんな感じで学園ラブコメになるのかと思いきや(なるのかもしれませんが)、何と事故で学校の先生たちが全滅(ほぼ)。

……何ですか、その展開? わずか数ページで『ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編』の死者数を超えてしまいましたよ、たぶん。『マリみて』はあれだけ長くやっていて1人しか死んでいないのに。ちなみに祥子さまのお祖母さまです、念のため。あ、瞳子ちゃんの実の両親とか、そういう過去の人は除いてください。

話を戻して。

何かと胡散臭い理事長や新校長が登場したりして、今後の展開が気になるところです。特に校長、善人なのか偽善者なのかさえ今のところ判断できません。何かしら恨みを買っているみたいですが、流れ的には逆恨みっぽい気がしないでもないのですが、一方で校長の描写が好意的とは言い難いのも確か。

思いがけず中途半端なところで終わってしまったのが残念ですが、続刊を待ちたいと思います。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/366-5f75f6dc


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック