己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

泉かなた降臨(文字通り)

絶望した! 「さよなら絶望先生」を録り忘れた自分の迂闊さに絶望した!

……録画予約、忘れました。その後に放送(埼玉の場合)の「らき☆すた」はギリギリで気がついてリアルタイム録画を入れたので、オープニングだけのロストで済みましたが、「絶望先生」は惜しいことをしました。

で、「らき☆すた」は、そのままずるずると見ていたのですが、ついに、かなたさんが登場しました。幽霊ですが。原作を読んだことのない私ですが、ネット上でかなたさんの声を誰がやるのかと話題になっていたのは知っていましたから、これは興味津々でした。

実際に声を聞いていると、記憶に引っかかる声なんだけど、誰の声だかわからないんですよね。結局、エンディングでクレジットを見るまでわかりませんでした。島本須美さんさんでした。またずいぶんと大物を引っ張ってきましたな。

だからというわけではありませんが、このエピソードはいいお話でした。まさか「らき☆すた」で泣きそうになるとは思いませんでしたよ。もう少し若い頃なら確実に泣いていましたね、ええ。

予告編では当然ながら須美さんが登場。クラリスとナウシカのネタ。本人でこのネタをやるとは「らき☆すた」、もはや怖いものなし。

ちなみに本編のオチに使われていた心霊写真。デジカメで心霊写真を撮ってしまった時の恐ろしさは、想像するだけでもフィルムカメラの比ではないです。

だって、リアルタイムですよ? 撮ったその場で見ているんですよ? フィルムカメラだったら、現像した後に「うわ、あそこ、いたんだ」で済みます(?)が、デジカメだと、「まだその辺にいるぞ」ってな話になるんです。怖いですねえ。

……いい話台無し。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : らき☆すた
ジャンル : アニメ・コミック

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/364-a5df6211


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック