己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/06 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニエス×ルイズか……

世間(?)はコミケで賑わっているようですが、人混みの中に行くと溺れそうになる林原は自宅待機です。一度行ってみたいものですが。


     「スクールデイズ」 第7話「前夜祭」

原作のゲームはどうか知りませんが、アニメを見る限りでは世界には同情の余地がありそうです。基本的には誠や刹那に流されているだけのような印象。言葉から誠を奪ったような形になっているのは確かに頂けませんが、自分の思いを殺そうと必死になっているところで誠からあんなふうにアプローチされては落ちるのも仕方ないのではないでしょうか。刹那が言葉を徹底的にブロックしていることをやり過ぎと思いながらも、誠が言葉に構うと拗ねるのは女心の複雑なところと理解しましょう。個人的には嫌いになれないキャラです。

で、刹那。一番人気があるらしい彼女ですが、ごめんなさい、私は好きになれません。見方によっては友達思いなのかもしれませんが、その行動は極めて陰湿です。彼女は「誠と言葉が別れた」というのが嘘だということにおそらく気がついています。その上でそれを既成事実にしてしまおうと画策しているのです。そういう意味では「振られた言葉が未練がましく誠につきまとっている」と本気で思いこんでいるであろう七海や乙女とは根本的にレベルが違います。誠、言葉、世界の三角関係をよりややこしいものにしている張本人と言っても過言ではないでしょう。

結局、一番無害なのは光ということで。


     「ゼロの使い魔 双月の騎士」 第6話「女王の休日」

今回のハイライトは誰が何と言ってもアニエス隊長とルイズのキスシーンです。このカップリングで1本書けてしまいそうなくらい妄想を煽り立ててくれます。アニエス×ルイズ、どうでしょう? 需要なさそうだなあ。

……バカなことを言うのはこれくらいにして、仇敵リッシュモンを切り捨てて剣を回収せずにそのまま立ち去るアニエス隊長の後ろ姿も格好良かったです。「貴様を斬った剣など二度と使えぬ」なんて台詞が聞こえてきそうです。

そして今回は酔っぱらって騒いでいただけのジュリオ。実はキャストが↑の誠と同じなんですよね。住む世界が違っても女たらしは一緒か。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ゼロの使い魔~双月の騎士~
ジャンル : アニメ・コミック

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/343-b006d8e5


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。