己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

すてぃろ・あ・ぷりゅむ

私は万年筆が大好きで、職場にもボトルインクを常備し、大学生の頃に買ったウォーターマンのメトロポリタンを愛用していました。先日、ペン先が軸から抜けるというとんでもない事態が発生したので予備役に回ってもらって、今は同じウォーターマンのチャールストンを携帯しています。

で、この度オークションにてやはりウォーターマンのカレン・デラックスのバーメイルモデルというのを購入しました。日本未発売のモデルらしいのですが、同等品の定価に比べて半額程度の価格でした。

stylo.jpg


写真ではわかりにくいのですが、ボディのカラーがきれいです。出品者の説明によればアメジストブロンズというらしいです。バーメイル(vermeil:銀に金メッキを施したもの)のキャップと組み合わせると上品な感じになります。さすが、「書くジュエリー」と呼ばれるだけのことはあります。

ネット上には重いとの意見もありましたが、実際に使ってみるとさほど気になりません。もともとウォーターマンは万年筆としては重めの印象がありますし。18金のペン先も書き心地抜群です。

私はこういったものを買う時には見た目をかなり重視するほうで、その点、ウォーターマンのデザイン性の高さは物欲を駆り立てます。いわゆる高級万年筆のブランドの中では、比較的低価格で18金のペン先を備えたモデルが入手できるのもありがたいところ。

とは言え、現在、上述の3本を所有しているので、さすがに当分は買わないと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 文房具大好き!
ジャンル : 趣味・実用

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/328-13b02835


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック