己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

有機のお話

知人に、健康とかエコロジーとかいったものにかなりこだわっている人がいて、その影響で林原もこのところオーガニック食品に凝っています。

とは言え、私はそこまで健康に固執はしていないので、どちらかと言えばオーガニックの方がおいしいんじゃない? というくらいの考えです。

オーガニックの方がおいしいと断言できないのは、正直な話、私程度のレベルの味覚では歴然とした違いが感じられないからですね。ま、食べ続けていればそのうちわかるようになるんじゃないかと思いながら食べています。

普段食べる野菜なんかも有機栽培のものが見つかればそちらを買うようにはしていますが、動機が動機だけに、オーガニックにこだわるものは嗜好品の方が多いです。具体的にはワインとかコーヒー、紅茶など。

先日も有機栽培のコーヒー豆を買いました。これがね、おいしいんですよ。エスプレッソ用の細挽き豆を買いましたが、普通にドリップしてもかなりいけます。お湯を注ぐと豆が元気に膨らむんです。

ちなみに、日本のオーガニック認証はJASが行っています。その基準は、

・ 種まき又は植え付け前2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用していない田畑で栽培する
・ 栽培期間中も禁止された農薬、化学肥料は使用しない
・ 遺伝子組換え技術を使用しない

こんな感じです。欧州の基準に比べればまだまだ甘いのですが、有機JASマークのついている食品は、それなりに厳しい条件をクリアしているわけです。

あ、有機栽培と無農薬は別物ですよ。無農薬の方が良さそうな感じがするかもしれませんが、無農薬というのは上の基準の真ん中のものを満たしているに過ぎないのです。前の年まで農薬をふんだんに使っていた畑でも無農薬野菜は作れるんです。

くどいようですが、余計な薬なんて入っていない方がおいしいんです。よくわからないけれどきっとそうです。取りあえず、そういったものを食べつけていると、インスタント食品の類を体が受け付けなくなってきます。

興味を持った人は騙されたと思って試してみてください。私も含めて本当に騙されているのかもしれませんけれど(マテ)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーガニックライフ
ジャンル : グルメ

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/287-4ec9b2c9


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック