己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カカオ……ホリック

尊敬する人。

コンラート・ヨハネス・ヴァン・ホーテン。ココアパウダーの生みの親。バンホーテンは今日でもココアのトップブランドですね。

そしてもう1人がジョーゼフ・フライ。固形チョコレートの発明者。世界にカカオ中毒者を蔓延させる原因を作ったニクい人(もちろん褒め言葉です)。

カカオと砂糖の組み合わせが高い依存性を持っていることは以前にも書きました。しかし、基本的には幻覚症状が出たり、命に関わったりはしません、たぶん。私くらいの中毒者になってくると禁断症状で幻覚くらい見るかもしれませんが。尚、試してみる勇気はありません。毎日食べてるし。

ところが、犬にはチョコレートを食べさせてはいかんのだそうです。カフェインの一種であるテオブロミンという成分が中毒症状を引き起こすそうです。場合によっては死ぬこともあるとか。何かしらネタにできそうな話ですね。シロとか。

さて、最近よく見かける高カカオチョコレート。遅ればせながら試してみました。しかもいきなりカカオ99%という危険な代物から。その感想は……

砂糖って偉大だなと思いました。苦いだけで全然おいしくない。カカオと砂糖のコンボがいかに強力な破壊力を現出しているのかを実感した次第です。コレハ人間ノ食ベルモノデハナイ……とまでは言いませんけど。料理の隠し味に使うにはいいかもですね。

次にカカオ80%台のも食べてみましたが、これもちょっと苦味が強過ぎる感じ。チョコレートが舌の上で溶ける瞬間の、あの法悦感がないんですよ。個人的には70%台くらいがちょうどいい感じですかね。

最近では、仕事中もデスクの脇にチョコレートが置いてあります。どういうわけか周期的に頭痛が来るのですが、チョコレートを食べると治まるんですよ。あれ、これって立派な禁断症状?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : チョコ
ジャンル : グルメ

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/268-5da7697b


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。