己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツンツン娘バンザイ!

PS2用ソフト「White Princess the second」をのんびりプレイ中。買ったきっかけは佐藤利奈さんが出ていたから。それだけです。中古屋に格安で出ていたので迷った末に購入。密かに「キミキス」もコンプしていない現状で、やる暇があるのかというところで迷いました。来月には「うたわれるもの」(予約済み)も控えているのに。

さて、早速プレイ開始。取りあえず、利奈さん演じる新川透子がどんなキャラなのかを確かめるべくプロローグを読み進めます。一応キャラ紹介は読んでいたのですが、予想以上におどおどしたキャラ。利奈さんって、蔦子さんや草壁さんのような大人びたキャラが多いので、結構新鮮な感じです。

じゃあまあ、透子狙いで進めるか、と思い始めていた頃に緑色の小悪魔が登場。主人公の従兄妹・芝原琴美(CV:能登麻美子)です。

「そう、お兄様は私に会いたくないのね」

林原は、この琴美の第1声であっさりと墜ちました。だって、能登さんなのにツンツンしてるんですよ? もちろん、能登さんが出ていることはパッケージに書いてあったので知っていました。しかし、こんなキャラとは思いもしませんで。のっけからかなり露骨なツンデレっぷりを披露してくれるのですが、もうね、アニメとかゲームのキャラで、床をごろごろ転がるくらい本格的に萌えたのは初めてっすよ。

というわけで、あっさりと路線変更。浮気OKが基本システムなこのゲームながら琴美一筋で突き進むことに決定。……が、意外と琴美って選択肢の中に出てきてくれんのです。「真っ直ぐ帰る」が現れたら即座に選び、愛しの琴美の元へ駆けつけるのは基本ですが、琴美と同じクラスで親友の恋奈の所へ行けば琴美にも会えそうな気がして通っていたのですが、何だか恋奈のほうに余計なフラグが立ってそうな気がしたので、寂しさを噛みしめつつ、他の女の子の相手を適当にまんべんなくするようになりました。が、これがまずかったようです。

修学旅行先で現れた最後の選択肢。いよいよ、告白する相手を決めるという場面。緊張が高まります。ところが、現れた選択肢は、

 柚那を選ぶ
 委員長を選ぶ

あれ、琴美いないよ? どうして?
どうやら、知らないうちに委員長のイベントをこなしてしまってフラグが立ちきっていたようです。あまりに地味だったから気がつかなかった。
そんなわけで、第1回目のプレイは想定外のなつみエンド。(続く)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/260-320b91d4


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。