己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

時を超えて、永久に願いこめて♪

本日は非常に懐かしいネタでございます。

こちらで「Kanon」の小説を読んでいたんですね。「little runner」という作品です。短い一発ネタみたいなものですので、続きを読む前にそちらをまずチェックしてみてください。

以下は上記作品のネタばれも含むので隠します。

冒頭の二人の会話で瞬時に話題を識別し、かつ5台すべての名前をディスプレイの前で口に出していた私。しかも頭の中ではアニメの主題歌が映像つきで流れ出す勢い。よく覚えていたものだと自分で感心してしまいます。尚、答えは小説のオチでちゃんと出てきますので、ここでは割愛します。

ミニ四駆。椎名先生の『GS美神』でも一度取り上げられたネタですね。歳がバレてしまいますが、私が小学生の頃が全盛期でした。近所では、農家の友人が納屋にコースを作ってたりしましたよ。私も持ってはいたのですが、小遣いが乏しく、キットは買えても改造にまで手が回りませんでした。

懐かしくて調べてみたところ、こちらで数多くのマシンを見ることができます。私が持っていたのは、アバンテJr.ですね。上記サイトの解説によれば「名車中の名車」だそうで、販売台数も最も多かったようです。

私は昔からスマートなフォルムに惹かれる傾向が強かったですね。「ドラクエ3」では、男だったら戦士より武闘家、「スパロボ」ならスーパー系よりリアル系。サッカーでもパワーストライカーよりスピードストライカーが好みです。なので、ゴツゴツしたスパイクタイヤのついた、いかにもオフロードという感じのマシンはあまり好きではなかったんです。

ダッシュ・シリーズに戻りますが、当時を振り返ってみれば、ダッシュ3号「流星(シューティングスター)」の人気が高かったような印象があります。あとは当然ながら主人公マシンであるダッシュ1号「皇帝(エンペラー)」も人気がありました。しかし私は、当時は「男の子」として異端な気がして言えませんでしたが、ダッシュ5号「ダンシングドール」が好きでした。

そう言えばミニ4駆、最近ちょっと流行が再燃していたような気がしますよね。

関連記事
スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/170-87a25b37


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック