己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元祖「あうー」

「あうーっ」というセリフで思い浮かぶのが「Kanon」の沢渡真琴ではなく「燃える!お兄さん」の国宝ケンイチという私はオールドタイプなのでしょうか。

「Kanon」をやっていてそんなことを思い出して昔を懐かしんでしまいました。でも当時の私は気づかなかったよ、あの「あうーっ」がジュドー・アーシタだったなんて。と言いますか、あのアニメ、声優陣が無駄に豪華ですな。シャア大佐まで出ていたんですか。

私は「ジャンプ」を毎号買って読んでいたというわけではないので、思い出したように検索してみて初めて、あのマンガが回収騒ぎを起こしたということを知りました。でも、思い返してみれば確かにヤバイ発言が続出していたような気がしますね、普段から。

今だともっと問題になりそうな気がするのですが、文庫化しちゃってますから不思議なものです。集英社も根性あります。

もっとも、米国の同時多発テロの後の米政府の「逆らう奴はみんな敵」政策を受けてメディアが萎縮しきってしまったしまった最中、日本で本当に書きたい記事を書けた雑誌が週刊「プレイボーイ」だけだったと言いますから、それほど意外なことでもないのかもしれません。

久し振りに読んでみたい気がしてきたので、ブック○フで見つけたら買ってみましょうかね。

関連記事
スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/139-f1d4d748


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。