己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

遠い昔の物語

 この週末、世間はコミックマーケットというものの話題で賑わっていたようです。……どんな世間やねん!? それはさておき、どういうものなのか一度行ってみたいとは思うんですよね。せっかく(?)関東に出てきたんだし。いえ、福岡でも家の近所のドームでそういうイベントがあるらしいくらいのことは知ってましたが。

 で、いったいどこでやってるのか調べてはみたんです。……埼玉在住の私には少しばかり遠い。尚且つ、土曜日は夜勤明け。とてもそんな距離を移動する気力はありません。そして最大のハードル。人の多い所ってダメなんです。何か話に聞くところでは相当な数の人が集まる場所だとか。そんなわけで自分を誤魔化す弱い人間です、私は。

 その代わりと言ってはなんですが、東京駅の大丸で開催されている古代エジプト展を観に行ってきました。ドイツのヒルデスハイムという街にある博物館の所蔵品だそうです。ベルリンにもエジプト博物館がありますが、ドイツってエジプト研究が盛んなんですかね。まあ、パリのルーヴルにも相当数の品物がありますから、きっとヨーロッパ全体にとってエジプトって魅力なんでしょうね。

 絵画などを見るのも好きですが、こういう歴史ものの展示も好きです。展示されている物が実際に道具として使われていた当時の様子を想像するとわくわくするじゃないですか。ついつい小説のネタにできないか考えてしまうのは悪い癖かもしれませんが。

 エジプト関連の展示を見ていて思い浮かぶのは映画「十戒」(「じゅっかい」と打ち込んだら出ませんでした。「じっかい」が正しいようです)ですね。有名な海が割れるシーンは圧巻でした。あの映画に出てくるファラオはラムセス2世。こういう展示会では必ず目にする名前です。

 あと、聖書ではヤコブの末息子ヨセフの物語もエジプトが舞台です。奴隷として売られてエジプトへやって来たヨセフは、ファラオの夢の意味を解き明かして信頼を得、宰相の地位まで登りつめます。ところがこのヨセフの名前、エジプト展ではまったく見たことがありません。実在した人物なのでしょうか。ミステリーです。

関連記事
スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/116-dd554bf1


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック