己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【艦これ】ドーバー海峡沖海戦(2017夏E-7乙)

2017年夏イベントも大詰め、最終作戦「ドーバー海峡沖海戦」です。
ジブラルタル海峡から大西洋を回り込み、北海を目指します。

ゲージ自体は1本ですが、ルートを追加したりギミックを解除したりととにかくめんどくさい。
しかもボスまでの道中は姫祭りとちょっと頭のおかしい海域です。
甲作戦は特に頭がおかしい構成なのでここは無理せず乙作戦をやっておきます。
報酬的には丙作戦でも大差ないのですが、あまりヌルすぎるのも面白くないかなあと。

最初のマップがこちら。

E-7マップその1

ギミックをこなすことでこうなります。

E-7マップその2

H及びL地点からO地点へ向かうショートカットルートが追加されます。
更にボス弱体化のギミックもあり、攻略にはこちらも必須。
……うん、あまりのめんどくささに詳述する気が失せたので過程は割愛します。
どうせ今夜でイベント終わりだしね、ただの備忘録みたいなもんだしね。

さて、ボスに挑む精鋭たちがこちら。

E-7第1艦隊

E-7第2艦隊

甲作戦を攻略した提督が見れば一目瞭然かと思いますが、甲作戦では許されないであろう組み方が随所にあります。

まず第1艦隊旗艦の由良。
制空補助と最短ルート固定として鉄板の由良ですが、火力が期待できず先手で敵を潰すことができなくなるため、甲作戦では旗艦に置くのは御法度と言っていいでしょう。

当初はリシュリューを旗艦にしていたのですが、徹甲弾を持たせたかったため随伴に移しました。
由良の水戦を2つにしても制空に問題がなかったので。
……まあ、改造前(攻略中に改造レベルに到達)のリシュリューを入れること自体、甲作戦ではあり得ない舐めプレイですね。

そして第2艦隊の駆逐艦は2隻とも先制対潜シフトです。
朝霜は四式ソナー1個でも先制対潜可能なのですが、念を入れるために対潜特化にしています。
これは削りなら甲作戦でもありの装備ですね。私はラストまでこれで行きましたが。
尚、護衛退避を使う関係上疲労が付きやすいため、適宜清霜とローテしました。

更に甲作戦なら第1艦隊に入れるのが定番のアイオワを第2艦隊に編入しました。
第2艦隊の盾としての役割に期待してのものです。

さすがに支援艦隊は道中・決戦共全力で派遣します。
基地航空隊は陸攻4の1隊をボス前T地点に派遣。
これも甲作戦では避けるべき采配でしょう。

ということで出撃。
CGHOQSTUと進軍します。

初戦G地点では駆逐棲姫が出現。

G地点

単縦陣固定という殺意の高さですが、基本的には開幕と支援で滅ぼせるので問題ありません。

次が最初の難関となるH地点。E-1ボスの潜水新棲姫が予告通りの再登場。

H地点

道中にこれはちょっとダメですね。こればかりはバランスがおかしい。
しかも梯形陣固定。単横陣がありません。
先制対潜で対策しても姫の開幕雷撃はまず防げないため、随伴を減らすことに期待して祈ります。
甲作戦ではもう1発来ることを覚悟しなければならないのですが、乙作戦なら雷撃戦を防ぐことは十分可能です。

ここを抜けるとラ・マンシュ、英仏海峡に突入です。
Q地点では空母棲姫率いる連合艦隊との戦闘。

Q地点

甲作戦では第3陣形(輪形陣)ですが、乙作戦以下では何故か第4陣形(単縦陣)固定。
とはいえ乙作戦では随伴にヲ級改がいないためかなり楽で、ここで大破を貰ったのは1回だけでした。

そして英仏海峡東端のドーバー海峡を通過。

ドーバー海峡通過

抜けた先のT地点ではケツダイソンこと戦艦夏姫が待ち構えています。

T地点

甲作戦では戦艦夏姫が最大3隻いて猛威を振るうようですが、乙作戦以下では2隻まで。
更に前述の通りここに基地航空隊を1隊回す余地があるため、甲作戦に比べるとかなり楽に抜けられます。
護衛退避も及ばずここで撤退を強いられたのが2回。

そしてついに欧州棲姫の名を冠した最終ボスとご対面です。

欧州棲姫

乙作戦でも甲作戦と変わらない驚異の耐久880ですが、装甲は若干控えめ。
更にギミックによる弱体化もあって基地航空隊、開幕航空戦、支援艦隊と叩きつけるとほぼ壊滅状態に。

E-7ボス開幕

それでもこちらの昼砲撃を凌ぎきってくれますが、

E-7ボス砲撃戦終了

さすがに夜戦ではきっちり仕留めることができました。

最終形態になると欧州棲姫-壊に。

欧州棲姫-壊

随伴にも戦艦夏姫が加わって強化されます。
夜戦でのカットイン不発により一度仕留め損ないましたが、最後は砲撃戦で大鳳が決めて撃破。

E-7突破

ギミック諸々終了後の出撃9回、ボス到達7回、S勝利6回とA勝利1回で突破。

海域突破報酬は改修資材8個、勲章2個、ソードフィッシュMk.II(熟練)、

ソードフィッシュMk.II(熟練)

そして航空母艦「アークロイヤル」です。

アークロイヤル

生真面目そうな外見と声ですが、時報ではかつての敵艦だったビスマルクが友軍にいるのを見つけて嬉しそうに追いかけたりと、なかなかやんちゃなところがあるようです。

ということで作戦完了。

E-7完了

未だかつてない長距離行軍でしたが、無事に全作戦を完遂しました。

全作戦完了

作戦に参加し、あるいは遠征で艦隊を支えた艦娘たちに心より感謝を。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 艦隊これくしょん
ジャンル : ゲーム

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/1117-47f4cfe7


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。