己の意志の弱さと戦いながら細々と小説書いてます、たぶん。

Prev  «  [ 2017/08 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

林原悠

Author:林原悠
林原悠の煩悩世界」管理人

ネットの片隅の小説書き
趣味:フルート、アニメ、ゲーム
オータムリーフ管弦楽団所属

PSO2(IDネーム:林原悠)
●Ship4
 スセリ、ユーイ
 ミコト、オトタチバナ
●Ship3
 レーナ

FF14
●Gungnir
 Huey Chandubois
●Garuda
 Hugh Woodfield

うちの子描いて
Twitter
mixi
外国人参政権反対!

連載小説 一覧

カテゴリー
PR

Flowers夏篇

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

2014年のまとめ(前編)

艦これの秋イベントが終わって気が抜けていたらいつの間にやら年末。
恒例のまとめ、やります。

例によってこの1年間に印象的だったものを対象とするので、今年発売ないし公開されたコンテンツとは限りません。部門ごとにノミネートしますが、順位はつけません。


●ライトノベル部門

野村美月『吸血鬼になったキミは永遠の愛を始める』(ファミ通文庫)
築地俊彦『艦隊これくしょん~艦これ~ 陽炎、抜錨します』(ファミ通文庫)

まずは『文学少女』『ヒカルが地球にいたころ……』の野村美月の新シリーズ。
タイトルの通り吸血鬼になってしまった主人公・原田詩也が、人間離れした身体能力を身につけてしまったために好きなバスケを楽しめなくなり、失意のうちに出会った演劇にのめり込んでいく……というお話。1巻が『吸血鬼ドラキュラ』、2巻が『マイ・フェア・レディ』という具合に毎回1つの演劇作品がクローズアップされます。最新3巻も出たばかりで、帰省のお伴にする予定です。テーマは『とりかえばや物語』。

複数ある「艦これ」のノベライズの中でお気に入りなのが『陽炎、抜錨します』です。はみ出し者を集めた駆逐隊の嚮導艦になった陽炎が仲間たちと奮闘する王道的な話。この作品で曙を好きになったクソ提督も多いとか。私も好きです。


●コミック部門

今年はあまり漫画を読んでいないのですよね。

これから読みたいと思っている作品としては『蒼き鋼のアルペジオ』(2巻まで読了)、『オオカミ少女と黒王子』といったところ。


●アニメ部門

selector infected WIXOSS
selector spread WIXOSS
月刊少女野崎くん
桜Trick

今年は他にもたくさんいいものがあったので選ぶのが難しかったのですが、ひとまずこんな感じ。

「WIXOSS」は分割2クールで制作されたアニメ。カードゲームの販促アニメ……のはずなのですが、売る気ないだろうと総ツッコミが入る重いストーリーで話題になりました。作中のセレクターバトルのあまりにも救いのないシステムには某○べぇがマシに見えるとさえ言われるほど。その分、見応えのある作品でした。

「月刊少女野崎くん」はアニメ化前からガンガンオンラインで読んでいて好きな作品でした。私の好きな作品がアニメ化されるとどういうわけかコケることが多いのですが、このアニメは丁寧な造りで原作ファンとしても大満足でした。ヒロイン佐倉千代役の小澤亜李さんを発掘した功績も計り知れません。二期、やって欲しいですね。

「桜Trick」は百合作品……と言って、いいのか、な。女の子同士でところ構わずキスしちゃうという、それはもうおバカなアニメで、これを百合と呼んだら一部の人が怒るかもしれませんが、何も考えずに楽しめる作品でした。

来年は早々に「艦これ」のアニメも始まりますが、私が楽しみにしているのは「ゴッドイーター」です。ゲームのOPアニメーションを手がけているufotableが制作とのことで、期待できそう。


●ゲーム部門

艦隊これくしょん~艦これ~
World of Warships

今年はとにかく「艦これ」でした。昨年は「ええ、軍艦の擬人化? そのままでいいじゃんよ」と斜に構えては「だったら『提督の決断』でもやってろ」と言われていた私ですが、話題に乗り遅れまいと1月末に着任するや、すっかりハマってしまったのは普段のブログの通りです。ごめんなさい。

「World of Tanks」のWargaming社が制作中の「World of Warships」はまさに艦船そのままのゲーム。正式リリースは来年の予定ですが、縁あってαテストに参加させていただいています。秘密保持契約があるため内容には触れることができませんが、正式リリースを楽しみにしています。


●アニソン部門

君じゃなきゃダメみたい(「月刊少女野崎くん」OP)
ミライファンファーレ(「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」OP)
You Gotta Love Me!(「異能バトルは日常系のなかで」ED)

「月刊少女野崎くん」はEDの「ウラオモテ・フォーチュン」も好きなのですが、オーイシマサヨシさんが歌うOPがいいですね。あまりアニメソングという感じはしないのですが、「野崎くん」の雰囲気にマッチしていたと思います。アニメ終了後に開催されたイベントでライブで聴く機会がありました。

伊藤未来さんと三澤紗千香さん演じる流川ガールズの2人が歌う「ミライファンファーレ」はアイドルソングのようなアニメソングのような軽快な曲。

加藤英美里さんと福原香織さんによるユニット「かと*ふく」による「異能バトルは日常系のなかで」ED。このユニットの曲を聴くのは初めてだったのですが、福原さんが意外に低音で歌っていたのが印象的でした。あ、会長可愛いと思います。


前編はこんな感じです。
後編では例年通りキャラクターや声優さんについて。

関連記事
スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://woodfield.blog21.fc2.com/tb.php/1026-fa127c8b


あぷろーず!

拍手ボタンです
ショートショートありマス
ブログ検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ・日記中心のリンク集
PR


キャラアニ.com

株取引

最近のコメント
最近のトラックバック